技術関連の話」カテゴリーアーカイブ

新型炉導入検討中・・・

みなさん、こんにちは。メタルヒートです。 新型コロナの感染が拡大しています。しっかりと自衛して冷静に対処していきたいものです。皆様もくれぐれもご自愛下さい。 さて、メタルヒートでは新しく連続式の無酸化炉の導入を検討中です … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | 新型炉導入検討中・・・ はコメントを受け付けていません。

拡散接合

みなさん、こんにちは。メタルヒートです。 最近では、拡散接合のお問い合わせを頂くことが増えてきています。拡散接合とは、母材を溶融させること無く、加熱や加圧により接合面の原子を拡散させて接合させる技術のことをいいます。母材 … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | 拡散接合 はコメントを受け付けていません。

熱処理炉内の温度分布

当社ではシース熱電対を使用して、製品の実温度測定を行うことが可能です。
最大10箇所の温度を同時に測定できるため、炉内の上下左右、中心などでの誤差も確認して、最適な熱処理条件を提示することが可能になります。 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | 熱処理炉内の温度分布 はコメントを受け付けていません。

パーマロイ材の熱処理

みなさん、こんにちは。メタルヒートです。 さて、今回はパーマロイ材の熱処理についてお話します。パーマロイは NiとFeを主成分とした軟質磁性材料です。JIS規格でPBパーマロイとPCパーマロイに分類され、PCパーマロイの … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | パーマロイ材の熱処理 はコメントを受け付けていません。

チタン材の需要

みなさん、こんにちは。メタルヒートです。 最近の傾向としてチタンの熱処理に関するお問合せを頂くことが増えてきています。航空機や医療、スポーツ用品などの分野では以前から使用頻度の高い材料でしたが、最近では自動車の電動化、リ … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | チタン材の需要 はコメントを受け付けていません。

磁気特性測定について

みなさん、こんにちは。メタルヒートです。 当社で、「B-Hアナライザ」を導入してより1年が経ちました。「B-Hアナライザ」とは、飽和磁束密度、初透磁率、最大透磁率、保磁力など磁気特性を確認するための測定機器です。それ以前 … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | 磁気特性測定について はコメントを受け付けていません。

フェライト系ステンレス鋼の475℃脆性について

みなさん、こんにちは。 メタルヒートです。 今回は、475℃脆性についてお話します。 「475℃脆性」または「475℃脆化」は、フェライト系ステンレス鋼や二相系ステンレス鋼に見られる脆化現象です。300℃~550℃程度に … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | フェライト系ステンレス鋼の475℃脆性について はコメントを受け付けていません。

真空熱処理とボンデ処理

みなさん、こんにちは。 メタルヒートです。 今回は、真空熱処理とボンデ処理についてお話します。 ボンデ処理とはリン酸塩皮膜の上に金属石鹸、ステアリン酸ソーダ反応させた多層構造をしており、冷間鍛造などで潤滑剤として使用され … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | 真空熱処理とボンデ処理 はコメントを受け付けていません。

フェライト系ステンレス鋼の焼鈍について

みなさんこんにちは。 メタルヒートです。 似たようなお問合わせを立て続けに頂く事は良くあるのですが、1月はフェライト系ステンレスのSUS430に関する問合わせをいくつか頂きました。 SUS430は、焼入れで硬くすることの … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | フェライト系ステンレス鋼の焼鈍について はコメントを受け付けていません。

ステンレスの低温焼鈍処理について

みなさん、こんにちは。 もうすぐ梅雨も明けます。それにともなって気温も非常に高くなってきました。 湿度も高く過ごし難い日が続きますので、みなさんも健康にはご注意下さい。 今回は、ステンレスの低温焼鈍についてお話します。 … 続きを読む

カテゴリー: 技術関連の話 | ステンレスの低温焼鈍処理について はコメントを受け付けていません。