3室式真空連続熱処理炉導入します

みなさん、こんにちは。
すっかり暖かくなり、桜も咲き始めましたね。
春は出会いの季節ですが、弊社も4月からは、4名の新入社員を迎え入れる予定です。
新しい仲間と共により一層飛躍の年としていきたいと思います。

さて、新しい仲間といえば人ばかりではありません。
来期から3室式の真空熱処理炉の導入が決まりました。
この設備の特徴として、待機室、加熱室、冷却室と炉内が3室構造になっており、熱室の温度を一定に保ち連続して熱処理を行う事ができます。ですから、大量に同じ処理をする時に昇温、冷却の時間を短縮し、生産効率を上げる事で高いコストパフォーマンスを発揮する事ができます。
また、真ん中の加熱室が外気に触れる機会を抑える事で炉内雰囲気の劣化を防ぎ、より高品質な熱処理の実現が可能になります。特にステンレスの熱処理では、着色を避ける事などで性能を発揮する事ができます。
弊社では、すでに1基の3室式真空熱処理炉を保持していますが、今回導入するのは既存の熱処理炉より大きいのサイズものです。
既存タイプ   :600×600×1050mm 600kg/グロス
新規導入タイプ:600×900×1350mm 1000kg/グロス
4月中に設備の搬入を行い、5月には稼動させる予定です。
ご興味をお持ち頂けたら工場見学など大歓迎ですので、お気軽にお問合せ下さいませ。

それでは、来月もよろしくお願いします。

株式会社メタルヒート / ステンレス・真空熱処理 / 愛知県安城市
HP:http://www.sus-heattreatment.jp   TEL:0566-98-2501

カテゴリー: 設備関連の話 パーマリンク